【10/11再入荷!】RU-019 ミッドハイペグキット 

お待たせ致しました!
欠品していたミッドハイペグが再入荷しました!
バックオーダーの皆様には本日出荷させていただきます!!

取り扱っていただいている、ネオファクトリー様とガッツクローム様でも
明日以降お買い求めいただけます。

——————————————————————–

いままで、EVOソフテイルへの取り付け実績がありませんでしたが
試したところ装着できましたので例としてご紹介します!

まずは製品をご紹介です。

モーターマウントのスタッドボルトと共締めにて取り付けできる
ミッドハイキットです。

前方と上方にオフセットしており、ちょうどよい感じの
ポジションを実現しました!
ノーマルから変更するとかなり乗り方が変わるので
気分的気にも楽しくなります!

また左右のエンドは1インチ径と1-1/8径となっており
ハンドルのグリップを取り付けできるように設計しました。
今回はVANSxCULTのグリップを組み合わせとなっております。
※振動によるゆるみ対策としてスタッド部分にネジロックを塗布すると効果的です。
青だとちょっと緩いかもしれません。分解の可能性が低い場合は赤をご使用ください。

いままでの既製品はフットペグをマウントするため
選択肢が少なかったですが、こちらはハーレー用のグリップは
なんでも取り付けができるため、視覚的にも面白いです。

万が一の転倒時に備え、エンド部分を8mmのねじ固定に
することにより、衝撃でボルト部分が折れ、転倒時の衝撃が
クランクケースにモロに行かないように設計しました。
ですので、立ち上がってジャンプしたりなどはしないでください。
100kgくらいまでの過重は大丈夫ですが、跳ねたりすると
曲がる可能性があります。

(※必ずしもケースが割れないとは限りません。
 なるべくそうならないように工夫しておりますが、転倒時に
 ケースの破損もありうることをご了承のうえお買い求めくださいませ。)

EVOソフテイルへの取り付け時の注意点です。

取り付けの難易度はプライマリー側のエンジンモーターマウントの下側ナットが
エクステンションなどでもうまくアクセスできないため結構高めです。
プライマリーをばらさずに組めますが、SHOVELなどのヘッドボルトを
トルクレンチで締める際のトルクレンチアダプター9/16が必要です。

その場合は車体下側からではなく上側からエクステンションとアダプターを
使って差し込みナットを固定して上側ナットを緩めてください。

必要工具はプロレベルなので、EVOはご自身での取り付けは難しいです。
またノーマルのボルトはしようできませんので、別途長いボルトをお買い求めください。
【品番 501】 3/8-24x4” GRADE5HEXボルト※1本

既製品ではちょうどよいボルト長がないため上記をご購入後車両に合わせて
サンダーでボルトの長さを調整して切って使用ください。
そのままではシリンダーのフィンに当たって入りません。

この車両はFLST系のシーソーチェンジに変更してあります。
特別な加工は必要なく取り付けできます。

フォアコンからの変更の場合は劇的にポジションが変わります。
最初は足の付け根の筋肉が悲鳴を上げるかもしれませんがなれれば
大丈夫です!